診療時間
08:00-17:00 - -
08:00-13:00 - - - - - -

※休診日
=日曜・祝日

(077)599-1145
完全予約制

MENU

予防歯科 予防歯科

予防歯科

一生を自分の歯で健康に

一生を自分の歯で健康に

「8020(ハチマルニイマル)運動」をご存知でしょうか。
80歳になっても20本以上自分の歯を保とうという日本歯科医師会が推進している運動です。歯の先進国と言われるスウェーデンでは既に20本以上が達成され、アメリカなどでは15本以上となっています。
各先進国に比べ日本人の歯は80歳の時点で平均5〜6本しか残っていません。治療だけを受けた人と定期検診を受けた人とでは、残存歯の数に大きな差が出ています。
当院では、一生涯にわたって健康な歯を保つために、定期的なメンテナンスをおすすめします。

そもそも虫歯や歯周病を
つくらないために

虫歯や歯周病、口腔機能低下といったお口のトラブル。それらを未然に防ぐことで、現状の維持はもちろん、より良い口腔内の環境を築くことが目標です。
新たな虫歯を予防することが、自分の天然歯の寿命を延ばしていくことにつながります。歯周病治療においても、毎日の適切なホームケアと併せて、取りきることができない歯石などを専門の器械で取る、歯科医院での定期的なプロフェッショナルケアを行わなければ歯周病の再発につながります。

医療法人社団オリハラ歯科クリニックでは、虫歯や歯周病の原因となる歯の表面や歯茎の溝の汚れを、専用の器具で取り除いて磨き上げていきます。
歯の表面がツルツルになり、歯石も取れるため、新たな汚れが付きにくくなることで虫歯予防や歯周病予防になります。口臭の原因となる汚れも除去できることから、口臭予防にもつながります。

歯の定期的なメンテナンスは
身体の健康にもつながる

歯が痛くて物がよく噛めない、歯がグラグラしたり歯が抜けて噛む力が弱くなってしまうと、食事の際の栄養がうまく吸収されなくなることがあります。自分の歯で噛むことは、食事を美味しく健康的に食べるための身体の大切な機能の一つといえます。
また、噛み合せが悪くなることで、肩こりや頭痛など、身体の他の部分にも影響が出るケースもあります。

身体の健康診断を定期的に受けることと同様に、身体の一部である「自分の歯を守る」ためにも、定期的なメンテナンスを受けていただくことをおすすめしております。

虫歯の予防法について

最近はCMなどでも耳にする「プラークコントロール(磨き残し)」ですが、虫歯の予防法には、やはりこれを徹底することに勝るものはありません。
磨き残しが出る原因は、ブラッシングの熟練度だけではなく、詰め物や被せ物の適合が悪く隙間がある場合には、丁寧にブラッシングをしても磨き残しが増えるため、虫歯のリスクを高めてしまいます。

当院では、諸外国において最良の治療法だと言われ、金属と比べて身体にも優しく長持ちしやすいセラミック素材をおすすめしております。

プラークコントロールとは?

プラークとは「歯垢」のことをいいます。
食べカス自体のことを指すのではなく、歯に付着した細菌の塊のことです。この細菌がつくりだす酸や毒素が、虫歯や歯周病の主な原因となります。

つまりプラークコントロールとは、このプラークを減らしていくことをいいます。

プラークコントロールとは?

定期検診のタイミング・頻度

来院いただくペースは、プラークコントロール(歯垢の付着度)、歯石の付着するタイミングによって変わりますが、一般的には、最低でも3ヶ月〜4ヶ月に一度程度が良いとされております。また、経過観察が必要な場合は1ヶ月、基本的に歯石の付着タイミングが2〜3ヶ月なので、その際に来院いただく方が多くなっております。

定期検診に通っていただくことは、様々な予防につながります。
適切なブラッシング方法の指導やフロッシング方法の指導、早期段階での疾患発見により、10年・20年先も良好な口腔内状態を保てる様お手伝いさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

電話予約はこちら
TEL:(077)599-1145

WEB予約

当日予約OK!土曜日17時まで診療
月〜土曜日 8:00-17:00(※水曜日 8:00-13:00)