診療時間
08:00-17:00 - -
08:00-13:00 - - - - - -

※休診日
=日曜・祝日

(077)599-1145
完全予約制

MENU

マタニティ歯科 マタニティ歯科

マタニティ歯科

お母様と赤ちゃんのために

お母様と赤ちゃんのために

当院では、これまでもたくさんの妊婦さんにご来院いただいております

妊娠中の歯科検診には妊娠中期(安定期)が最適です。
妊娠後期~出産後は通院が困難になることを考慮の上、例え痛みがなくともできるかぎり安定期のうちに歯科医院へお口のチェックにお越しください。

「マイナス1歳から」の虫歯予防

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、虫歯の原因となる菌がないことをご存知でしょうか。
虫歯菌はお母様やお父様、周囲の大人からうつってしまうことが最も多いのです。また、妊娠するとエストロゲン(女性ホルモン)の増加などによって歯周病になりやすくなり、歯周病の妊婦さんは早産や流産、低体重児のリスクが高まるという報告も出ています。

母親に虫歯がある子どもとない子どもを比較すると、「母親に虫歯がある子どもの方が2歳になった時の虫歯の発生率が高い」ことも分かっており、子どもはお母様の生活習慣やお口の中の健康状態の影響を受けやすいといえます。

安全な出産、そしてお子様の将来のお口の健康のためにも、妊娠中からの歯科治療をおすすめします。

妊娠中にかかりやすいお口の病気

  • 虫歯・歯周病
  • つわりで十分に歯磨きができなかったり、胃酸により歯の表面に汚れが付きやすくなってしまうことで虫歯や歯周病のリスクが高まります。

  • 妊娠性歯肉炎
  • 妊娠初期はホルモンバランスの変化により歯茎の出血や腫れを生じることがあります。
    痛みがないため、気付かないうちに症状が悪化する場合があります。

  • 妊娠性エプーリス
  • 歯茎がコブのように大きく膨らむことがあります。
    ホルモンの増加によるもので多くが良性のものとなっており、大半は自然と出産後になくなりますが、気になる場合はお気軽にご相談ください。

電話予約はこちら
TEL:(077)599-1145

WEB予約

当日予約OK!土曜日17時まで診療
月〜土曜日 8:00-17:00(※水曜日 8:00-13:00)